特別な風の吹く町
2018 / 05 / 04 ( Fri )
みなさん、おはこんにちばんわんこ!

「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか」専務のハッピー(柴犬・一歳)だっピ。

みなさん、ゴールデンウィーク楽しんでるっピかな?

ぼくはゆるやかの仲間たちとすんごく楽しんでるっピ( ´∀`)

おっと。ポメラニアンの嵐ちゃんと、ミニチュアシュナウザーのヨシコちゃんが何やら話してっるっピねー( ・∇・)





嵐ちゃん 「あぁ、誰かに言いたいなぁ。すんごーい情報ゲットしちゃったんだよなぁー。革命的なんだよなー。秘密にしたい気もするなぁー。でもやっぱり、誰かに言いたいなぁ」

ヨシコちゃん 「なになに?教えてよ!」





嵐ちゃん 「どーしよっかなぁー!なにせ革命的な情報だからなぁー!どーしよっかなぁー!」

ヨシコちゃん 「もう!何だよー。気になるじゃん!」





嵐ちゃん 「しょうがないなぁー(´∀`=) 実はね、この町には特別な風が吹くエリアが存在しているっていう噂を聞いたんだ」

ヨシコちゃん 「特別な風が吹くエリア?そんな場所が存在しているからって何かいいことあるの?」





嵐ちゃん 「もちろんさ。なんでもそこに行って特別な風に吹かれると、空を飛ぶみたいに気持ちよくなれるんだってさ」

ヨシコちゃん 「空を飛ぶみたいに?まっさかー。そんなの嘘だよー」

嵐ちゃん 「嘘かどうか知りたいし、とにかくぼく行ってみるよ( ´∀`) 」





嵐ちゃん 「ここかー!この風は確かにすごい。特別な風って感じがするぞ」





嵐ちゃん 「あー。なんかすごく良い感じだなぁ。ヨシコちゃんも来れば良かったのになぁ」





嵐ちゃん 「きゃはは!たまんない!これは独り占めするにはもったいない風だ。気持ち良すぎるよー!ほんとに空を飛んでるみたいだ。明日はヨシコちゃんも誘おうっと!」





ヨシコちゃん 「やっぱり私も行った方が良かったかなぁ。ちょっと面白そうではあったのよねー。でもなー。あんまり遠くへ行くとワカメちゃんに怒られるしなぁ(小声)」





ワカメちゃん 「ワカメちゃーん。リード絡ませてる場合じゃないよー。私やっぱり嵐ちゃんの言ってたこと気になるよー」

ワカメちゃん 「リードを絡めながらの散歩。これはこれで面白いじゃない( ´ ▽ ` )」





マロちゃん 「私は風でビューっと飛ぶみたいに楽しむより、まったり歩いて楽しみたいタイプだな。まったりまったり」





春ちゃん 「ふぁーあ」





春ちゃん 「みんな楽しそうだな。あたちも大きくなったらいろんな場所へ冒険に行くんだー( ^ω^ )」


春ちゃんの大冒険も楽しそうっピねー!

ぼくも大冒険したくてうずうずしてきたっピ。


よし。るるぶ読んで大冒険の仕方を勉強しよう。



みなさん、いつも応援ありがとうございまっピ( ´∀`)

バイバイピー(⌒▽⌒)/







18 : 50 : 17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春とニューカマー( ^ω^ )
2018 / 05 / 02 ( Wed )
みなさん、おはこんにちばんわんこ。

「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか」専務のハッピー(柴犬・一歳)だっピ。

今日は当店のニューカマーを紹介するっピ( ´∀`)

柴犬のクーちゃんと、ダックスの夏美ちゃん。2人とも高齢だけど、まだまだ力強く頑張っているっピよー( ^ω^ )





クーちゃん 「いやぁ、暖かくなってきて外を歩くのも気持ちいいなぁ。夏美ちゃんも来ればいいのになー」





夏美ちゃん 「外も良いけど、室内でぽてぽて歩くのも結構楽しいんだよ」





クーちゃん 「確かに中も悪くないけど、僕は断然外派だね。専務は?」





専務 「室内お散歩も外のお散歩も好きっピ。でもベッドの上でゴロゴロするのも好きっピねー。まったり」





専務 「今晩、ぼくの隣あいてるっピよ。予約してく?」





パピーノちゃん 「専務がまた馬鹿なこと言ってるわ」





専務 「なんだとぉぉ??うらめしやぁ。祟るっピよ??笑」





パピーノちゃん 「また馬鹿なこと言ってる」





クーちゃん 「あはは。さすが専務だね。あー。もう疲れたから帰って寝ようっと」





夏美ちゃん 「私も寝ようっと。おやすみん」

専務 「散歩もいいけど、睡眠も楽しみたいっピね。みんな、おやすみー」

みなさん、いつも応援ありがとうございまっピ( ´∀`)

バイバイピー(´∀`=)/



15 : 12 : 51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
歌が聞こえる!の巻
2018 / 04 / 24 ( Tue )
みなさん、おはこんにちばんわんこ。

「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか」専務のハッピー(柴犬・1歳)だっピ。

おっと。お友達のみんなが楽しそうだっピ。

どこからかステキな歌が聞こえてきたらしいっピ。それを真似して歌っていたら楽しくなってきたらしいっピ。

誰の歌かなぁ?? ニヤリ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )





るんるんちゃん「ん?どこからか歌が聞こえてくる。」





るんるんちゃん「どこだろう?」





太一ちゃん「本当だ。遠くから歌が聞こえてくるぞ。すごく良い歌だな」





くるみちゃん「心がすーっと軽くなるような歌だ。ついつい口ずさみたくなるような」





ショコラちゃん 「うーん。どこから聞こえてくるんだ?素晴らし歌だ。一緒に歌いたくなっちゃうなぁ。あーん。もう我慢できない!歌っちゃおう!」





ショコラちゃん 「お散歩お散歩ルルルルル~♪ルルルルル~♪」





るんるんちゃん 「お散歩お散歩ルルルルル~♪ルルルルル~♪」





太一ちゃん 「お散歩お散歩ルルルルル~♪ルルルルル~♪」





くるみちゃん 「お散歩お散歩ルルルルル~♪ルルルルル~♪」





ショコラ 「あー歌ったらスッキリした。誰が歌い始めたんだろう。楽しい気持ちが伝わってきて、ついついぼくらまで歌っちゃったぞ。どこかにすごい歌手がいるに違いないな」





専務 「お散歩お散歩ルルルルル~♪ルルルルル~♪みんなに届けルルルルル~♪ルルルルル~♪」

まさかぼくが犯人だったとは(о´∀`о)



みなさん、いつも応援ありがとうございまっピ(´∀`=)

バイバイピー( ´∀`)/




12 : 25 : 43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
散歩に行きたくない?!の巻
2018 / 04 / 21 ( Sat )
みなさん、おはこんにちばんわんこ!

「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか」専務のハッピー(柴犬・1歳)だっピ。

お散歩大好きのメグちゃんが今日に限ってお部屋にいたいと言うっピ。

確かに外は少し暑いけど、まだまだ春の陽気だし、肉球も火傷しないのにー。なんでだっピ?





メグちゃん 「今日はお散歩よりもお部屋気分。外は暑そうだしねー。」





専務 「そんなこと言わずにお散歩に行こうっピー。こんなに良い天気なのにもったいないっピ」


マッシュ 「そうだよ。メグちゃん!行ったら行ったで絶対楽しいよ!先行っちゃうよ!」





メグちゃん 「そうは言っても今日は考え事をしたいというか、哲学気分というか、まぁそんな感じなんだよ」

マッシュちゃん 「もう我慢できなーい(´∀`=)お先に!!」


専務 「ぼくも行くよ!」





マッシュちゃん 「いえーい!外最高!散歩は良いねぇ!こんなに気持ちいいのにお散歩しないなんて嘘だよ!メグちゃん。おいでよぉ~」


メグちゃん 「すごい気持ち良さそうな顔するなぁ。でもなぁ・・・。」


専務 「ほらほら、メグちゃんおいでおいで!気持ちいーよー(о´∀`о)」


メグちゃん 「そんなに気持ちいーの?なら、少しだけ行こうかな。少しだけね」





メグちゃん 「えへへ。これは気持ちいー。これはお部屋の中で哲学してる場合じゃないね。お散歩お散歩(^-^)」





くぅー!メグちゃんとマッシュちゃんとのお散歩楽しかったなぁ♪(´∀`)


みなさん、いつも応援ありがとうございまっピ(^-^)


バイバイピー(´∀`)/




16 : 42 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春は気持ちよくって眠いの巻
2018 / 04 / 17 ( Tue )
みなさん、おはこんにちばんわんこ。

龍ケ崎「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか」専務(柴犬・1歳)のハッピーだっピ。

ではでは、本日登場するお友達を紹介するっピ。

珍しい毛色がおしゃれ。ふわっふわポメラニアンのコパンちゃん(°▽°)

ラフコートがいかしてるポメラニアンとチワワのmixラムネちゃん(o^^o)

小さな弾丸!ジャックラッセルテリアのマイルちゃん(^○^)


おっと。すごーく元気な子と眠そうな子とがいるっピねー。

春は暖かで眠くなるっピよねー。

あ、向こうでコパンちゃんがいないいないばぁして遊んでる!僕も僕もー。すたすたすた







コパンちゃん「いないいない・・・」







コパンちゃん「ばぁー!ってやると思ったんでしょ?やらないよ。そんなつまんないこと」


専務 「・・・え( ´Д`)」 ←ばぁーってやってもらえるものだと思ってショックを受けている専務

 



コパンちゃん 「やるわけないよ。そんな子供騙し。さ、行こうっと」

専務 「そんなぁー。いないいないばぁーってやってくれっピ。見たいっピー(#^.^#)」





コパンちゃん 「まったく。専務は子供だなぁ。仕方ないからやってあげようかな」





コパンちゃん 「いないいなーい・・・」


専務 「またやってくれなかったらどうしよ(´ε` )(小声)」





コパンちゃん 「ばぁーっ!」


専務 「きゃーーーっ(о´∀`о)やってくれたっピー(°▽°)」」← 専務歓喜





ラムネちゃん 「ん?騒がしいぞ。専務とコパンちゃん!ぼくに秘密で楽しそうなことしてるな!」





ラムネちゃん 「僕も楽しいことするぞー。さぁ外に出て・・・。むむ。暖かい。なんてこった。これが春か。気持ちいー」





ラムネちゃん 「あぁ。眠くなっちゃった。完全に眠くなっちゃった。もうダメだ。まぶたが重い。小さな横綱がぶら下がってるくらい重い。うわーん。まわしをまぶたに巻き付けないでよぉ」





マイルちゃん 「ラムネちゃん。その気持ち分かるなぁ。今の時期はほんとにすぐ眠くなっちゃうんだ」


 


マイルちゃん 「ほら、こうやって穴掘り仕事をはじめてはみるんだけど・・・」





マイルちゃん 「すぐ夢の中さ。ちっとも起きていられないんだ。あくび出ちゃう。おやすみー。

マイルっていう名前にちなんで空を飛んでいる夢でも見ようかなぁ。大きなビルで買い物してる夢の方がいいかな。それはマルイか」





コパンちゃん 「みんな眠ってばっかり!」





専務 「むむむー。ぼくも眠くなってきたっピ。もう立っていられない。それでは今日はこの辺で・・・ベッドに飛び込んでぇ・・・」






みなさん、いつも応援ありがとうございまっピ\\\\٩( 'ω' )و ////

バイバイピー(о´∀`о)/




15 : 35 : 47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>