土手で女子会の巻
2018 / 06 / 18 ( Mon )
みなさん、おはこんにちばんわんこ!

「老犬ホーム・ペットホテルゆるゆか」専務のハッピー(柴犬・一歳)だっピ。

今日は、るんるんちゃんとクーちゃんが土手に女子会しに行くらしいっピ。





るんるんちゃん 「ねぇクーちゃん!土手で女子会しようよ!」

クーちゃん 「いーよぉ!」





クーちゃん 「シウォンくんってかっこいいよねぇ!鼻がシュッとしてて、明るくて、優しいもん」

るんるんちゃん 「分かる。シウォンくんよいよねー。品があるものね」





クーちゃん 「はぁ。シウォンくん♡」




シウォンくん 「なんだぁ?誰かに呼ばれたような」




専務 「ケッ!! なんだい!シウォンくんばっかりモテるっピー!ちくしょう!」





レオちゃん 「まぁまぁ専務。そんな顔してるとますますモテないよ。良い顔しないと」





専務 「良い顔なんてすぐに出来るっピよ!見て!」





専務 「ほら!





専務 「ほら!


こんなにイケメンなのに、なんでモテないっピかなぁ。ねぇ、レオちゃん・・・」





専務 「寝るなっピー!ムッキー( *`ω´) ぼくの悩みを聞けー!」






みなさん、いつも応援ありがとうございまっピ!
では、今日はこの辺で、






13 : 23 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
目指せ!一流モデルの巻
2018 / 06 / 10 ( Sun )
みなさん、おはこんにちばんわんこ!

「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか」専務のハッピー(柴犬・一歳)だっピ。

風の噂によると、ゆるやかの仲間たちがモデルを目指し始めてるらしいんだけど・・・





マロちゃん  「うーん。抜群のお天気ってわけじゃないけど、こういう日にもカメラに撮られる練習をしないと。何てったって、わたしたちは一流モデルを目指してるんだから。さぁ!みんな行くよー!」

カシャ!




マロちゃん 「ちょっと!わたしの鼻の穴がこんなに大きいわけない!サブちゃんじゃないんだから。カメラさん。もう一回お願いしまーす」

カシャ!





マロちゃん 「ちょっと!鼻の穴フェードアウトしないでよ!鼻の穴自体はチャーミングなんだから。カメラさん。もう一回!これがラストです」





マロちゃん 「よーし。やっとステキな写真が撮れた。若芽もヨシコも良い顔してる」

ヨシコちゃん 「わたしはさっきの方がよく写ってたけど・・・。まぁ、いいか」





コムギちゃん 「あ、撮影会してる。わたしだってモデル出来るんだよ」





コムギちゃん 「どう?この顔。少し渋すぎるかしらね。でも、一流のモデルにはユーモアも必要」





コムギちゃん 「どう?ほら、モデルっぽいでしょ?わたしだって出来るんだから」





ハルちゃん 「うわーん!わたちだけ置いてかれたー!」





ハルちゃん 「わたちだってモデル出来るのにー。あ、帰ってきた!!」





ハルちゃん 「なんでわたちだけ置いてくのぉー!」

マロちゃん 「あ、いけない。ハルちゃん連れてくの忘れちゃった。てへ」





チロちゃん 「ぼくだってモデルスマイルだよー」





クーちゃん 「ぼくだって!ほら!」





さくらちゃん 「わたしだって負けてらんない!目指せ!一流モデル!」





ブルーちゃん 「あはははは!モデル志望が増えてきた!すっごーいや!たーのしい!」






みんな素敵な一流モデルだっピ(о´∀`о) ぼくもみんなと一緒にモデル頑張るっピよー!

それでは、今日はこの辺で、







15 : 04 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ずっるーーい!!の巻
2018 / 06 / 06 ( Wed )
みなさん、おはこんにちばんわんこ。

「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか」専務のハッピー(柴犬・一歳)だっピ。





本日はこちらのスイートルームからお届けするっピ。

さぁさぁ、さっそく物語を始めるっピ。

クーちゃん、チロちゃん外に出よう(о´∀`о)





専務「チロちゃん土手に行こうっピ。今日はよく晴れてるし!日差しが強すぎるかもしれないけど、そしたら木陰でまったりしようっピ。

クーちゃんのことも誘ってきてくれっピ(о´∀`о)」

チロちゃん 「土手かぁ。あんまり気が進まないけど・・。疲れるしなぁ。まぁ、ずっと部屋にいるのもよくないしね。分かったよ。クーちゃん呼んでくる」





チロちゃん 「クーちゃん、専務が土手に遊びに行こうって」

クーちゃん 「チロちゃんはそんなにぐったりしてるのに土手なんか行けるの?」

チロちゃん 「専務が行こうって聞かないんだ」

クーちゃん 「そりゃ専務は若いからね。わたしたちが老犬だってことに気づいてるのかしら」

チロちゃん 「さぁね。とにかく行かないと納得しないよ。がんばろ」

クーちゃん 「仕方ないわねぇ」





クーちゃん 「うふふ。来たら来たで気持ちよくって最高」





チロちゃん 「本当だね!最高だ」









専務 「2人とも楽しんでいるっピね(о´∀`о)良かったっピ」





ブルーちゃん 「専務ぅ!なんで僕とベリー抜きで土手行ったんだよう!ずっるーい!」

ベリー 「うん。ずるいよね」





ブルーちゃん 「ずっるーーい!!





ブルーちゃん 「うわぁーん!じゅっっりゅぅーーーーーーーーーい!!

ベリーちゃん 「うんうん。もっと言ってやってもいいくらいだ」





専務 「ブルーちゃん、ベリーちゃん。2人とは公園に行こうと思っていたっピよ( ^∀^)」





ブルーちゃん 「え?ほんと?公園!行く行く!」





ブルーちゃん 「わーいわーい!公園!!最高だなぁ。特に遊具とか遊具とか遊具とかが最高だなぁ!!!





ブルーちゃん 「わーい!あっちに独特な色彩感覚の天才がデザインした滑り台があるよ!うん。天才だね。ゴッホでも思いつかない色の繋げ方だ。すごいや!行ってみよー!!わーい!」

ベリーちゃん 「確かにあえてあの色をチョイスした理由は気になるねぇ・・。一体デザイナーは誰なんだろう??」





ブルーちゃん 「はっっくしゃん!

ベリーちゃん 「え?ブルーなの?デザイナーってブルーなの?!



まさかブルーちゃんが遊具デザイナーだったとは驚きだったっピねー(о´∀`о) 


話は変わるけど、フリースペースの床をリフォームしたんだっピ。
みなさん、気付いたかな??綺麗になって気持ちいいっピよー(о´∀`о)

ではでは、今日はこの辺で、




16 : 16 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |